大学病院の看護師

大学病院看護師ナビ >> 大学病院の看護師のメリット・デメリット

大学病院の看護師のメリット・デメリット

最近看護師の業務は非常に大きな変化とともに、その就業場所も非常に増えてきています。その業務の範囲は、病院だけではなく、企業や老人ホームなど、ありとあらゆる多岐に渡って活躍の場が見出されてきています。その現在にあっても、やはり看護師にとっての最大の就業場所は病院であり、さらにその中でも、最も高いレベルの医療実践組織として、国立や民間の大学病院が位置しています。今回はその大学病院に従事する看護師のメリットやデメリットを紹介していきましょう。

まず大学病院に勤める看護師の、最も大きなメリットは、やはりその高い医療技術や設備が設けられていることから、看護師として従事すると、高い医療技術や知識が身につくことでしょう。これらの大学病院では、高い医療技術を維持する為に、従事する医療関係者に対しての教育も、非常に高い教育が実践されており、またその他にも、研修など非常に教育設備や環境が提供されています。

また大学が経営する病院であることから、民間であっても、公立であっても、経営が安定しているところが多く、就業先として非常に安定した就業環境が形成されているということも大きな魅力の1つとなっています。特に公立や国立系の大学病院では、就業することで、その取り扱いは公務員となることから、非常に安定的な職種として認知されていることで、求人の希望も非常に多い求人案件となっています。

またこれらの、大学病院での就業については、業務についての就業環境も非常に良く、就業規則が厳しいために、無理な業務を強要されることも少なく、民間病院と比較すると、労働環境は充実してると言えるでしょう。特に国の政策で、今進められている看護師の就業環境の改善事業については、最も優先的にその改善が図られているために、子作りや女性の働く仕事環境も良好な環境が作られている病院が圧倒的に多いので、その点でも非常に求人については人気のある職場となっています。

その一方、デメリットとしては、特に看護師は医療行為については基本的に医師の指導のもとで看護実務を行えるということになっていますが、一般的に大学病院では看護医療についての手技等については、研修医でその対応をすることが多いために、民間病院の看護師と比較をすると、なかなか手技の経験を積む機会が少ないことや、難病患者が多いことで、意外と残業が多いといった面があります。

しかしながらデメリットはその程度であり、全体的な総合評価で行くと、圧倒的にメリットの方が多いので、大学病院に勤める看護師は非常に求人としても人気があるというのが現状となっています。

大学病院の転職支援実績多数!看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>大学病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る





TOP

看護師求人サイト

大学病院の看護師の基礎

大学病院別の看護師求人


Copyright (C) 2012 - 2015 大学病院看護師ナビ【※大学病院に転職したい看護師さんへ】 All Rights Reserved.