大学病院の看護師

大学病院看護師ナビ >> 慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院の看護師求人

慶應義塾大学病院は、かの福沢諭吉が開設した、慶應義塾を源流とする、慶應義塾大学の附属病院として開院した、日本でも歴史のある由緒正しい大学病院です。この慶應義塾大学病院では、看護師に対して高度な医療現場で、十分な技術と知識を有する看護実践ができる看護師を育てていくという、基本方針に沿った教育体制が確立されています。

しっかりした教育方針のためか、慶應義塾大学病院での特徴として、非常に低い離職率が挙げられます。やはりこれはしっかりした一環教育が実践されているということの裏づけであるでしょう。また教育がしっかりしているというだけではなく、看護師の労働条件についても一環した基本方針があり、過労を避けた非常に健康的な基本ルールが確立されており、これは看護師にとって非常に受け入れられている看護教育の1つとなっています。

基本的には慶應義塾大学の出身者が多いのですが、門扉は非常に広く開かれており、その他の教育機関出身の看護師も非常に多く受け入れています。特に毎年100人以上の採用を行っており、新人教育には非常に力を入れている大学病院です。またインターンシップなど、非常に人気のあるイベントも開催していますので、看護師の人気は非常に高いものがあります。さらに非常に福利厚生や就業環境の整備なども充実しており、就業についての待遇についても、他の病院施設と比較しても、手当てを含めた給与は相場を上回っており、これも看護師の根強い人気の1因となっています。

もともと病院の知名度も高く、また非常に優秀な看護環境と待遇条件を取り揃えているため、看護師にとっては、非の打ち所のない医療施設であることは間違いありません。当然ながらこのような状況を反映し、慶應義塾大学病院の求人案件は非常に高い倍率となっており、求職人員数に対して求職者数が非常に多く、狭き門となっているのが現実です。また中途採用の看護師については、急性期の3年以上のケアの看護実践経験を要する、ということになっており、採用についてのハードルは高いというのが特徴的です。

それでも競争率が高いという状況がありますので、いかに求人案件に対する人気が高いか、ということが裏付けられています。その一方で、地域や男女の格差なく、幅広い積極的な採用をしていますので、非常にその辺りは魅力のある採用基準となっています。私立でありながら、国の信頼も厚く、文部科学省の看護職キャリアシステム構築事業に唯一採択されている病院でもあります。このような、優秀な病院環境となっていますので、当然ながら非常に厳しい求人競争率を勝ち残る必要があり、通常の求職者活動では、なかなか採用に漕ぎ着けないというのが現状となっています。

元々は慶應義塾大学である学校法人からの附属機関ですので、人材関連会社とのつながりが非常に強く、その点では看護師の転職専門会社等とのパイプが非常に強いものがあることから、それらの転職会社への登録を前提とした求職活動を行うことが、より採用について有利な求職活動が行える事は間違いないでしょう。現在慶應義塾大学病院への就業を希望される方は、これらの看護師の転職専門会社への登録は、必須事項と言えるでしょう。

大学病院の転職支援実績多数!看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>大学病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る





TOP

看護師求人サイト

大学病院の看護師の基礎

大学病院別の看護師求人


Copyright (C) 2012 - 2015 大学病院看護師ナビ【※大学病院に転職したい看護師さんへ】 All Rights Reserved.