大学病院の看護師

大学病院看護師ナビ >> 大学病院の看護師の退職金

大学病院の看護師の退職金

看護師が退職する際にもらえる退職金とはいったいいくら位なのでしょうか。現職の看護師さんで、転職を考えている方にとっては気になる問題でしょう。

退職金は、勤務する医療機関の規模や、勤続年数、業務内容などによっても差が生じます。

看護師として働く上で、例えば、結婚や出産を機に退職される方、スキルアップを目指し転職される方、家庭の事情により退職される方など、さまざまな事情により退職する日が訪れるのですから、退職金が支給されるかどうか、またはいくらくらい退職金が支給されるのかは気になるところでしょう。

規模が小さい個人医院やクリニックなどや勤務形態によっては、退職金が支給されないケースもあるようです。

退職金は、基本的に勤務年数が3年以上であることが条件とされています。3年未満の方は、残念ですが支給されないことになります。退職金の金額の算出法は、基本給と勤続年数をもとに計算されますので、勤続年数が長い方が、必念的に多くなるものと考えて下さい。

また、医療機関によっては、退職金についての算出法も違いますので、基本給と関係なく、勤続年数だけを算出しているところもあるようです。

個人の医院やクリニックでは、退職金が出るだけありがたいと言うところもあるでしょう。やはり、退職金が多い医療機関は、母体の安定した大規模な総合病院や大学病院でしょう。ほとんどが退職金制度があり、福利厚生なども整っていることが待遇面での最大のメリットですね。

大学病院の看護師で勤続年数10年以上で400万円程度支給されるところもあるようです。

国公立の大学病院の看護師であれば、以前は公務員とみなされ、国の規定により退職金の規定がされていたようです。国公立の場合は、定年まで働いて3,000万円ほどの退職金が支給されていたようです。

しかし、平成16年4月1日に国立大学法人が設立したことにより、これに伴い、国立大学法人等の職員の身分は、国家公務員から非公務員型の法人職員へと移行したため、それぞれの大学病院ごとの人事の規定により、給料やボーナス、退職金までもが算出されています。

大学病院の看護師さんの給料や、年収、退職金が気になる方、大学病院の看護師として就職、転職を希望している理由が、収入面だけだとしたら大きな間違いでしょう。しかし、転職を考えるなら、希望の医療施設の給料や、待遇面も前もって知っておく必要がありますので、十分に調べておいた方が良いでしょう。

大学病院の転職支援実績多数!看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>大学病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る





TOP

看護師求人サイト

大学病院の看護師の基礎

大学病院別の看護師求人


Copyright (C) 2012 - 2015 大学病院看護師ナビ【※大学病院に転職したい看護師さんへ】 All Rights Reserved.